店舗ビジネスにおけるwebの活用法、集客・売上をUPさせるための必勝法とは?

店舗ビジネスアイキャッチ画像

皆さんこんにちは、エンドルフィンズ代表の田上です。

今回は、店舗ビジネスにおいて、集客力の向上や売上をアップさせるためにどの様にwebの技術を活用すれば良いのか?についてデータも交えて解説していこうと思います。

店舗ビジネスというと様々な業種・業態があり、規模感もまちまちなので、ここでは個人商店や個人経営の飲食店、個人塾など所謂ローカルビジネスと呼ばれる業種で、かつ高単価な商材を扱っている例えば歯科医院の様な業態をイメージして解説していきたいと思います。

というのも、ホームページの開設やwebを使った集客施策、webサイトのリニューアル・運用はどうしても一定以上のコストや人的リソースが割かれてしまうため、低単価な商材を扱う店舗ビジネスでは費用対効果が見合わないケースも散見されます。

自分たちのwebサイトやホームページを作成するよりも、ホットペッパーなどのポータルサイトに店舗ページを開設した方が費用対効果が大きい場合もあるので一概に自社webサイトを作らなくてはならないという訳ではないことに注意が必要です。

一方で、高単価な商材を扱う場合はユーザーも他店との差別化ポイントを真剣に検討しますし、自社独自のブランディングが必要になってくるケースが多いため自社webサイトやホームページを作る方が費用対効果が高く出る傾向にあります。

今回は、高単価な商材を扱う店舗ビジネスにおいて有用なwebの活用方法について解説していきたいと思います。

目次

店舗ビジネスにおける集客必勝法

顧客と握手する人の写真

店舗ビジネスを運営している方にwebサイトの効果的な集客・運用方法を相談された場合、我々からは主に以下の点がポイントだとお答えしています。ポイントは3つです。

  • 店舗サイトのメニューページを充実させる
  • お役立ち情報などをブログなどで継続的に発信する
  • 広告運用を検討する

この3つに取り組むとかなりの確度で集客力アップ、売上向上を期待できます。

一つ一つみていきましょう。

店舗ビジネスではメニューページが重要

メニューの写真

まずは、メニューページの情報を充実させることが重要です。

特に、高単価の商品やサービスを扱う店舗ビジネスでは、ユーザーもその店舗に行く前に入念な下調べを行う傾向が強いです。また、最近はインターネットの普及により、近場の店舗だけではなく遠方の店舗であろうと、口コミなどを見て通うユーザーも増えてきています。

売れている店舗は、そのような時流に応えるように、その店舗で扱っている商品やサービスのメニューページの情報を充実させている、という特徴がデータからもわかっています。

売れてる店舗ビジネスはメニューページからの集客が強い

メニューページからの流入数グラフ

売れている店舗、集客力の強い店舗ビジネスは売れていない店舗よりも、webサイトやホームページのトップページではなく、メニューページからの流入が多いことがわかっています。つまり、メニューページが集客の柱となっているのです。

データでは売れていない店舗のメニューページの流入数よりも売れている店舗のメニューページの流入数が1.5倍多かったことが分かっています。

このデータからわかることは、売れている店舗ビジネスは商品・サービスのページの情報を拡充し、ユーザーが検索するであろうキーワードや情報を的確に掲載することで、それらの商品・サービス関連の検索をしているユーザーにヒットしやすくなり、webサイトやホームページの流入に繋がっているという事実です。

売れる店舗ビジネスを目指すためには、まず自分の店舗で扱っている商品・サービスのメニューページの情報をユーザー目線で役に立つ情報で埋め尽くすこと、可能な限りユーザーが検索するであろうキーワードを散りばめること、またどのポータルサイトよりも情報を充実させることから着手することをお勧めします。

売れてる店舗ビジネスはプロの写真を使っている

売れている店舗、集客力の強い店舗ビジネスは、webサイトやホームページに使う写真をプロに依頼していることが多いです。

上述したように、最近は店舗が地理的に離れていてもwebサイトやホームページの情報を見て通うという傾向が強くなってきています。ユーザーが直接店舗に訪れるというビジネス特性上、webサイトやホームページ上に掲載されている写真がその店舗の印象を決定付けると言っても過言ではありません。

売れている店舗ビジネスは、写真が明るく、清潔感が出ており、無料の写真やネット上で拾ってきた写真ではないことが多いです。

人は見た目が9割、などと言われますがwebサイトにも同じことが当てはまります。特に女性向けの店舗ビジネスであればなおのこと、写真はプロに依頼して撮影しましょう。

店舗ビジネスは情報発信が集客力向上のカギ!

コンテンツイズキングと書かれた写真

次に売れている店舗、集客力の強い店舗ビジネスは、情報発信を積極的に行っていることが分かっています。

情報発信というと、webマーケティングの世界では「コンテンツSEO」などとカテゴライズされているのですが、自社の店舗がターゲットとするユーザーにとって役に立つ情報などををまとめてブログ記事として執筆し発信していくと、Googleなどの検索エンジンがその情報に対して専門性を持ったwebサイトであると認識してくれて、ユーザーの検索結果画面に表示してくれやすくなるのです。

特に情報発信の内容には、「ノウハウ提供型」と「コラム型」があり、前者がユーザーにとって役に立つ情報やデータを発信するコンテンツ、後者がニュースや日々の出来事を書くブログなどのコンテンツを指すのですが、前者の方がホームページに訪れた時のコンバージョンの率が高くなることが分かっています。

例を挙げると、歯科医院の場合は「虫歯を予防する歯の磨き方」だとか「子どもの歯周病はなぜ怖いのか?」、「ホワイトニングのお値段の相場は?」と言った店舗ビジネスでターゲットとするユーザーが普段気にしているであろう課題に対する解決策を記事の中で提示してあげると、ファンが付きやすくなったり、信頼度が増したりと間接的に集客力の向上につながります。

売れている店舗、集客力の強い店舗ビジネスでは、お役立ち情報を積極的に、且つ継続的に発信している店舗が多いのが特徴です。

売れている店舗は情報コンテンツ経由の集客力が強い

情報コンテンツページからの流入数グラフ

これらの事実を裏付けるデータとして、売れている店舗のwebサイトやホームページでは、売れていない店舗のwebサイト・ホームページよりも情報コンテンツページからの人の流入が2.8倍も多かったというデータが出ています。

普通はその店舗のwebサイトやホームページのトップページから多くの人が流入しそうなイメージがあると思いますが、売れている店舗ビジネスのwebサイト・ホームページではトップページよりも情報コンテンツページからの流入が多いという特徴が見て取れるのです。

これらのデータから導き出せる結論として、極端に言えば、情報コンテンツを継続的に・積極的に発信することで情報コンテンツページをトップページ以上に人の目に触れられる状態にしなくては、売れる店舗、集客力の強い店舗になれないということだと思います。

しかしながら、この継続的な情報発信というのはとても労力のかかることですし、実際にやろうとしたらオーナー一人の力では難しいのも事実です。店舗のスタッフなどを巻き込んで、ユーザーのためになる情報は何か、どんな情報を発信したらユーザーは喜ぶかなどを話し合い、コンテンツを作り上げる体制を整える力が必要になります。

情報コンテンツを発信する集客上のメリットとは

情報を発信すると、以下のようなメリットを見込めます。

  • 潜在顧客との接点を創出できる
  • 継続的にユーザーの役に立つ情報を発信していることが信頼感の向上に繋がる

とても地味なことですが、継続的に情報を発信していくことでファンを獲得していくことができればwebサイトやホームページへの流入数の向上や、コンバージョン数の向上が見込めますし、継続的な新規顧客が獲得できるようになり、集客力・売上の向上と安定が期待できます。

店舗ビジネスはweb広告を活用し集客している

リスティング広告の例

売れてる店舗ビジネスの特徴の最後は、web広告を活用しているという点です。

web広告とは、Googleなどの検索結果画面の上部に表示される広告、いわゆるリスティング広告などと呼ばれている広告が代表的なものですが、売れている店舗・集客力の強い店舗ビジネスは積極的にweb広告を活用しています。

売れている店舗ビジネスはweb広告で集客している

web広告からの流入数グラフ

売れていない店舗ビジネスは、そもそもweb広告を出稿している店舗が少なく、そこからのwebサイトやホームページへの流入も非常に僅少でした。一方で、売れている店舗、集客力の強い店舗ビジネスではGoogleなどの検索サイトからの流入数の約10%程度がweb広告経由でのアクセスだったということがわかっています。

この10%の流入数の内、何人が実際に店舗に足を運んで購入に繋がっているのか、web上でもお金を落とすところまで繋がっているのかはしっかりと確認しなければなりませんが、10%はかなり大きな数字です。

web広告からwebサイトやホームページに流入してきた後に、購入に繋がる割合を増やす施策としては、web広告から上述したメニューページに直接アクセス出来るようにすることです。

商品やサービスに潜在的な興味を持った人をweb広告経由で自社のwebサイトやホームページのメニューページにアクセスさせ、メニューの詳細な情報や他店との違いなどを認知してもらえば、その後購入に繋がる割合は飛躍的に向上するでしょう。

以上のような施策を同時並行的に行うことで、今までよりも集客力が向上し、売上UP、安定的な収益の創出に繋がることと思います。

店舗ビジネスにおけるwebの活用法、集客・売上をUPさせるための必勝法とは?まとめ

今回は、店舗ビジネスに絞りwebを活用した集客力UPの方法について解説していきました。

結論としては『情報発信』が一つのキーワードかなと思っており、メニューページの充実化は自社の商品やサービスの良いところをしっかりと情報発信していくこととイコールですし、情報コンテンツの継続的な発信も同様です。

これからの時代はユーザー目線で有益なお役立ち情報を惜しみなく発信していくことが、地味ですが売れる店舗と売れない店舗を分ける要因になるのだと感じています。

我々エンドルフィンズでは、クライアントのゴールに向けた最善のwebマーケティング施策から、webサイト・ホームページのデザイン、フライヤーやロゴなど各種デザインまで、店舗ビジネスの集客力・売上UPを達成するのに必要なサービスを一気通貫で提供しています。

当社の詳しい事業内容は下に掲載している「エンドルフィンズ事業ご紹介資料ダウンロードページ」よりダウンロードが可能ですので、ご興味のある方は是非ダウンロードしてみてください。

TwitterのDMでもお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
田上のtwitterはこちら

田上 和佳
田上 和佳
1987年、福岡県出身。2010年慶應義塾大学環境情報学科を卒業。2017年まで三井物産株式会社にて主にリスク管理を担当し、取引先倒産確率解析、エネルギーの市場ボラティリティ解析に従事。フリーランスでwebサイト制作、webマーケティングの業界で事業拡大し、2021年合同会社エンドルフィンズ設立。代表。
エンドルフィンズ事業ご紹介資料
ダウンロードページへ
エンドルフィンズ事業ご紹介資料表紙
エンドルフィンズ事業ご紹介資料メンバー紹介
エンドルフィンズのデザイン概要
エンドルフィンズのSNSマーケティング工程
エンドルフィンズのサービス一覧
エンドルフィンズの事例紹介
エンドルフィンズ事業ご紹介資料
ダウンロードページへ

エンドルフィンズでは、「デザイン」「webマーケティング」「webサイト制作」「SNSマーケティング」それぞれの分野のプロフェッショナルが集まり、チームを結成しております。クライアントのゴール達成の支援を“結果志向”型で提供させて頂きます。

実績一覧資料ダウンロード

エンドルフィンズが提供している「デザイン」「webマーケティング」「webサイト制作」「SNSマーケティング」
についての実績一覧資料をダウンロードできます

御社のお悩みお聞かせください

エンドルフィンズでは、クライアントのゴール達成のために最適な戦略立案、施策実行を“結果志向”型でご提供いたします。
先ずは、お気軽にご相談ください。