Webサイト運用・成長フォローアップ

Webサイトは公開してからがWeb集客の始まりです。 Webサイトが継続的に成長していくための 適切な改善サイクルをご提案します。

運用体制・プロセス構築

Webサイトを公開すると、担当者も制作会社もほっとして、一息ついてしまいがちです。しかし、Webサイトは公開してからがスタートです。公開前には分からなかった課題や問題、計画通りに成果が出せていない箇所が必ず発生します。もちろん、最新状況に合わせたアップデートも必要になってきます。このような改善や更新が行われなければ、Webサイトは公開してから緩やかに劣化していき、目に見えない形で錆びついていきます。Webサイトが成功するかどうかは、公開後の運用次第といっても過言ではありません。 公開後のWebサイトをどうするかは、実は戦略フェーズの段階で検討されていなければなりません。その段階で、やるべきこと、目標KPI、予算などの大枠がある程度決まっているべきです。そして設計、開発と進む中で、具体的な運用体制、やるべきことを明確にしていき、公開直前には関係者を集めたオリエンテーションが行われるべきです。私たちはこれまでの経験から得た知見からスムーズな運用に移行するお手伝いも行っています。

指標設定とログ解析

公開後に、「Webサイトが健全な状態か」を推し量るために、もっとも簡単に実施できるのが、ログ解析です。Webサイトリニューアルの場合にも、戦略フェーズでログ解析は行われますが、運用フェーズで必要とされるログ解析はより限定的です。基準となるのはKPIロードマップです。その中でより重要と定義したKPIを中心に、その推移を計測します。その上で、計画通りにうまくいっていない箇所のみ、データをセグメントし、詳細に見ていきます。

運用・更新マニュアル

Webサイトの更新作業を自社で行う上で障壁になるのは、更新担当者のリテラシーでしょう。単純なニュースやお知らせ、ブログの更新程度であれば、WordやExcel以上に簡単な作業ですが、Webに対する苦手意識や、ブラウザでの編集から、自社での更新に消極的になるケースもあります。 そこで私たちは、CMSを実装するだけでなく、CMSを使って更新する際の手順を記載したマニュアルも納品しています。技術的なことを網羅的に書いたものではなく、できること、やりたいことに特化し、操作の流れを記述したもので、Webの知識がない方でも、マニュアルを見ながら簡単に更新ができるように配慮したものです。

広告計画立案・実施

様々な条件でSEOが効きにくいWebサイトへの十分なトラフィックを安定的に、もしくは短期間で集めるためには、広告の運用が欠かせません。私たちは広告代行会社ではありませんが、Web戦略の一環として、必要であれば広告戦略を立案し、計画、実施の支援を行っています。

ランディングページ

しばしば、広告をWebサイトのホームやカテゴリトップ、詳細ページに直接リンクさせているケースを見かけますが、これは失敗する広告の典型例です。広告を出稿する場合には、広告と対になるランディングページが不可欠です。またランディングページは共通のものを1種類だけ用意するのではなく、広告の経路やキーワードによって細かく用意するほど、その効果は上がっていきます。私たちは、広告などの経路を踏まえながら、コンバージョンに繋がるランディングページの制作を行っています。 私たちが作るランディングページは、ダイレクトレスポンス広告の考えを色濃く反映したものです。コピーは「どう表現するか」よりも「何を伝えるか」を重視し、デザインは見た目の美観よりも心理的な影響を重視したものとします。

グロースハック

事業の売上に直結するようなWebサイトでは、目標達成に向けて公開後も継続的にWebサイトを改善していく必要があります。このようないわゆるグロースハックでは、私たちが様々な実績の中で培ってきた知見を活かして、手段や立場を問わず、事業目標に対してクライアント企業と同じようにコミットして、活動していきます。

Web集客・戦略立案・Webサイト制作に関することなど、お気軽にご相談ください