自社ホームページが、どんなキーワードで検索されてるのか知る方法とは?

自社ホームページが、どんなキーワードで検索されてるのか知る方法とは?サムネイル

皆さんこんにちは、エンドルフィンズ代表の田上です。

自社ホームページの運用担当者になった方や、新規にホームページを制作された方など、どの様な人がホームページに訪れているのか知りたいと考えるのは自然のことだと思います。

過去に記載したブログ記事の様にGoogleアナリティクスを使うと、ホームページに訪れた人の属性(年齢・性別など)やホームページ内でどの様な動きをしているかが分かるのですが、一方で、『どの様な検索のされ方でホームページに流入してきたのか?』という点はGoogleアナリティクスでは把握できません。

そんな時に役立つツールがGoogleサーチコンソールというツールです。

今日は、このGoogleサーチコンソールを使ってできることについて解説していきたいと思います。

目次

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールの画面

Googleサーチコンソールとは、Googleでの検索に関わる自社ホームページの成績を数値化してくれるツールになります。

Googleサーチコンソールで見ることができる指標は主に以下の通りです。

・自社ホームページの検索順位
・検索結果ページに表示された回数
・検索結果ページに表示され、クリックされた回数
・どの様な検索キーワードで検索されて自社ホームページが表示されたか(検索クエリ)

よく質問を頂くのですが、Googleアナリティクスはあくまでも自社ホームページに入ってきた人や行動についてのデータを可視化・分析してくれるツールになるので、Googleサーチコンソールはホームページに入ってくる手前の検索上のデータを可視化・分析してくれるツールになります。

このGoogleサーチコンソールを活用することで、自社の潜在的なターゲットをより解像度高く把握することが可能になります。

Googleサーチコンソールでできること

Googleの検索画面が映ったスマホ画面の写真

Googleサーチコンソールは、上記の様に様々な検索に関わるデータを表示してくれます。

ただし、自社のホームページを作って公開したら勝手にデータが蓄積されていくものではありません。正確にデータを計測するにはGoogleサーチコンソールが持つ機能を用いて事前に設定を行う必要があります。

一つ一つ説明していきます。

サイトマップの登録

まずはサイトマップの登録です。

サイトマップとは、自社ホームページのサイトの構造を示すデータのことです。言い換えると、どの様なページを持っていて、更新頻度はどのくらいかなど、Googleという検索エンジンに対して自社ホームページの内容を説明するデータになります。

Googleサーチコンソールを用いるとこのサイトマップを効率よくGoogleに対して申請できる様になります。

URL検査

上記のサイトマップと関連して、申請した自社ホームページのURLがGoogleに反映されたかをチェックできる機能になります。

ホームページを開設した後も、ブログやニュースといった新しい記事を作成することがあると思いますが、そういった新しいURLが生成された時にもこのURL検査の機能を使うと、そのURLがすでに検索サイトに反映されたかを確認でき、反映されていない場合は反映する様申請が可能になります。

カバレッジ

カバレッジとは、直訳すると保証範囲といった意味なのですが、Googleに登録された自社ホームページのURLの中で、何らかの問題を抱えているページについてアラートを鳴らしてくれる機能になります。

よくあるアラートとして、「文字のフォントが小さすぎる」だとか「クリック可能な要素が近すぎる」だとか、「ページの読み込みが遅い」だとか、ユーザーがホームページを利用する上で不便に感じうるであろうポイントをGoogleサーチコンソールがチェックして知らせてくれます。

このアラートを一つ一つ改善することによってホームページはユーザーフレンドリーになっていき、Googleからの評価も上がっていきます。

最終的に表示されやすくなり、正確な検索に関わるデータが取れる様になっていきます。

Googleサーチコンソールの活用方法

データを前に議論する人々の写真

さて、それでは実際にGoogleサーチコンソールに集められたデータのどこに着目して自社ホームページの改善や実際のビジネスに活かしていけば良いのかについて説明していきたいと思います。

検索クエリ

まずGoogleサーチコンソールが表示してくれる指標の中で最も有用だと考えるのが、この『検索クエリ』になります。実際は次の項の検索パフォーマンスの中の1つの指標なのですが、ここだけ抜粋する価値のあるものです。

検索クエリとは、ユーザーがどの検索キーワードで検索した時に自社ホームページが表示され、その内何人が実際に自社ホームページをクリックしたか、を示す指標になります。

検索キーワードはユーザーのニーズが顕在化したものです。例えば、私のホームページに『ホームページ KPI』といったキーワードで流入してきているユーザーが多かったとしましょう。そうすると、「ホームページの流入数を増やすためにどの様なKPIを設定したら良いかわからない人が多いんだな」とユーザーが抱える悩みを把握することが可能になります。

また、ホームページで設定すべきKPIについて詳細な情報をブログ記事として発信すれば、その記事を見た人が、この企業に仕事を依頼してみようとなるかもしれません。

この様に、検索クエリはユーザーのニーズや今抱えている問題を色濃く反映します。

Googleサーチコンソールを導入したらまずはこの検索クエリをチェックして、自社のホームページを訪れている人がどの様な検索キーワード(ニーズ)を持って自社ホームページに訪れているのかをチェックしましょう。

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスでは、上述の検索クエリ他、以下の点を確認できます。

検索でのクリック数
検索での表示回数
CTR(検索でのクリック率)
検索での掲載順位

また、個別に細分化して上記の数値をチェックできる様に以下のタブ分けがされていて、個別にデータを確認できます。

クエリ
ページ

デバイス
検索での見え方
日付

私は、特に『ページ』のデータをチェックする様にしていて、まずは検索での表示回数が多かったページ少なかったページをチェックします。そして、その検索結果が多く、クリックされた数が少ないページを洗い出して、改善を施す様にしています。

逆にクリック率が高くて、検索で表示された回数が少なければより上位表示される様に対策を施します。

この様に、データを可視化することによって改善策が非常に効率よく打てる様になっていきます。

リンク

次が、『リンク』です。

リンクには、外部リンクと内部リンクがあるのですが、どちらもSEO(Search Engine Optimization)に関わりのある指標となります。

外部リンクも内部リンクも基本的には数が多いことが良いことなのですが、どの様なサイトに外部リンクが貼られているのかをチェックし、今後のメディア・PR戦略に活かしたり、内部リンクが少なければ、ホームページがユーザーにとって使いにくい可能性があるので、その辺りをチェックするために使います。

ウェブに関する主な指標

最後に、『ウェブに関する主な指標』という機能です。

ここでは特に、ホームページが表示されるまでの時間をチェックします。

ホームページのリンクがクリックされてから表示時間が1秒遅れるだけで約30%のユーザーが離脱してしまうというデータがあるくらい、ホームページの表示速度は重要な指標です。

ホームページの表示速度は様々な要因で決定されるので、こちらの指標を見ただけでは原因はわからないのですが、常にモニタリングをすること、表示速度を早める施策を打ったら、その前後での変化をチェックするのに使います。

自社ホームページがどんなキーワードで検索されてるのか知る方法とは、まとめ

今回は、自社ホームページの検索に関わるデータを計測・可視化できるツール、Googleサーチコンソールについて、その機能と使い方を解説しました。

本気で自社ホームページを活用したい、強力な集客ツールに育てたいと考えられている方は必ず通る道ですので、試しに触ってみるのも良いかもしれません。

もっと詳しく知りたい、自社ホームページの改善のために支援してほしいなどご要望があれば全力でサポート致しますのでお気軽にお問い合わせください。

Endorphinsでは、『企業の将来に向けてWebマーケティングから制作まで
伴走するパートナー』をコンセプトにサービス展開しています。

クライアントのゴール達成のために必要な戦略の立案、マーケティング施策の実施、ウェブサイト制作・リニューアルを一気通貫で提供いたします。

ご興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
田上のtwitterはこちら