一般家庭向けリフォーム事業『江戸家ホーム』の企業Webサイトを制作しました!

一般家庭向けリフォーム事業『江戸家ホーム』の企業Webサイトを制作させて頂きました。

目的は潜在顧客の獲得

今回は一般家庭向けのリフォーム事業でしたので、サイト制作の目的を『潜在顧客の獲得』にフォーカスし、デザイン・設計を行いました。

この際に参考にさせていただいたのが、以下のURLにある『BtoBサイトを成功に導く180のチェックリスト』です。

こちらは、Webマーケティング界の雄、株式会社ベイジ、株式会社才流、株式会社WACULの3社連名で発表された、BtoBサイトの成功パターンをまとめたワイヤーフレームです。

今回はターゲットがtoCの業態なのですが、そのマーケティング手法は本質的にtoBと大きく差は無いと思っており、なるべくチェックリストに忠実にWebサイトを設計していきました。

サイト訪問者に対し導線は明確に

潜在顧客の獲得を具体的な行動に落とし込んだ時、ゴールを『お問い合わせフォームからの問い合わせ』『電話での問い合わせ』『問い合わせシートのPDFのダウンロード』の3つに絞りました。

このゴールを如何ににサイト訪問者の目のつきやすいところに置くか、ちょっと相談してみようかなと思った時にすぐクリックすることができるか、という視点でデザインを組んでいきました。

又、もちろん、これらのゴールがクリックされた時にデータとして計測できるように、裏側ではグーグルアナリティクスなどの計測ツールを埋め込んでいます。

レスポンシブデザイン(スマホでのデザイン)でもゴールを明確に

toB向けのサイトの場合、サイト訪問者は就業時間中にサイトに訪れる割合が多く、デスクトップで見やすいデザインにすべきです。

一方で、toC向けのサイトの場合はスマホで閲覧される割合が高く、サイトによっては訪問者の7割前後がスマホでWebサイトに訪れているというデータもあります。

今回は一般の家庭向けのリフォーム事業なので、スマホで訪問してくる方に見やすいデザインを意識しました。

この場合のデザインとはもちろん、ゴールへの導線の分かりやすさです。

こちらの画像のように、スマホで見たときはヘッダーに電話番号、お問い合わせページへ遷移するボタンが常に表示されるようにしています。もちろん電話番号ボタンはプッシュすると電話がかけられるようにしています。

こうすることでサイト訪問者がちょっと問い合わせしたいなと思ったチャンスを逃さずゴールを達成できるデザインにしています。

その他にもゴールの達成のために有用な施策を色々と施していますが、ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

本日はこの辺で。

オンラインでプロからバスケを学べる『オーダーメイド・ドリブル』を制作しました!

今回、日本で初めてのバスケットボールハンドリング特化型のオンラインマンツーマンレッスンサービス、『オーダーメイド・ドリブル』を制作させて頂きました。

今回のクライアントはプロバスケットボール選手である堤啓士朗選手です。

実は堤選手は小学校、中学校の一個上の先輩で、高校でも大学でも試合をしたこのある何かと近い存在でした。

今回は、堤さんが『こんなサービス考えてるんだよね』とお声掛けくださり私がWebサービスの制作の面でサポートに入ることになりました。

サービスのコンセプトは『一人一人に向き合う』こと

サービスのコンセプトを固めていくフェーズで堤さんが、『オンラインで大人数に対して教えるようなセミナーっていうよりも、マンツーマンでその人としっかり向き合って一緒に成長できるようなサービスにしたいんだよね』と言われた言葉が非常に印象的でした。

堤さんがプロバスケットボール選手としてキャリアを積み重ねていく中で、元々身長が高かったプレーヤーがドリブルやハンドリングのスキルを疎かにしてキャリアを断念するプレーヤーを多く見てきたそうです。

ポジションでプレイの幅が制限されるのは本当にもったいないという想いから、早い段階で次のステップを意識するよう促し、考えながら練習させることでしっかりとしたバスケットボールキャリアを築かせてあげたいという想いがサービスの根底にあったようです。

スポーツ選手のセカンドキャリア

今回、堤さんはプロバスケットボール選手を引退するわけではありませんが、我々の同世代のプロスポーツ選手は引退を考え始める年齢かと思います。

スポーツという分野で必ず議論に上がるのが『セカンドキャリア』の問題だと思います。私自身もスポーツの業界に育ててもらった様なものなので、ITやWebの分野で何かスポーツ業界に恩返ししたいという思いがありました。

今回のこの『オーダーメイド・ドリブル』の様にスポーツ選手が第一線を退いた後も違った形でパフォーマンスを存分に発揮できて、且つ安定した収益を埋める様なサービスを作っていけたらなと思っています。

システム構成

オーダーメイド・ドリブルには予約管理システムを導入しています。

マンツーマンレッスンを受けたい人は、まず会員になり、専用の予約カレンダーから予約をすると自動的に予定調整され、何も運用しなくとも予約管理ができる様な設計にしています。

基本的には会員しか予約を出来ない仕様にしており、無料カウンセリングと無料レッスンは会員になれば誰でも予約でき、それ以降は有料レッスン会員にならなければ予約できない仕様にしています。

さらに、有料レッスン会員には3つのプランを用意しており、月2回レッスン、月4回レッスン、月6回レッスンと、それぞれ定額の月額サブスクリプションで料金請求できる様に設計しています。

予約管理をマニュアルで運用しようとすると、かなりの手間になると思うので、今回この辺りを全自動化してシステム構築しました。

もし何か実現したいサービスがある方は是非お気軽にご相談ください。

本日はこの辺で。

新サービス『ホワイトカラードリブン』をリリースしました!

オンライン動画講座ホワイトカラードリブンサムネイル写真

昨日、新サービスをリリースしました。

その名も、『ホワイトカラードリブン』と言います。

以下、ホワイトカラードリブンのリンクですので是非内容チェック頂ければ幸いです。

 

ホワイトカラードリブンとは

ホワイトカラードリブンは、ホワイトカラーの方々向けに作ったスキル獲得講座を販売するサイトになります。

”スキルを身につけて人生の選択肢を広げる”、こんなコンセプトで作成したサービスです。

私自身、新卒で総合商社に入社し、ホワイトカラーの業界で約7年間働いていました。

総合商社員時代に抱えていた最大のコンプレックスは、『テクノロジーがわからない』ことでした。

このままじゃ世の中の変化に取り残されるのではないか・・・という漠然とした不安を抱えていたことを覚えています。

きっと現在ホワイトカラーの業界で勤めている方の中にも、当時の私と同じような思いを持っている方もいると思います。

そういった方達に向けて明確なスキルを獲得できる講座を開こうと思ったのがホワイトカラードリブンを作ろうと思ったキッカケになっています。

どんなことが学べるのか?

今現在、リリース時点で2つの講座を掲載しています。

一つは、私が講師を勤める『ウェブテックドリブン』です。

ウェブテックドリブン

基本のカリキュラムは、自分でウェブサイトを立ち上げながら、デジタルリテラシーを向上させることができる、という方針で作成しています。

ただし、プログラミングの知識は一切必要なく、ロジックの習得と実際の手作業でウェブという技術がどのような仕組みで稼働しているのかが体感できる様な講座にしています。

プログラミングを学ぶほどでは無いけど技術のことは知っておきたいプログラミングを学んだけどどこで活かせばいいのか分からない、こんな方々に特にオススメできる内容になっています。

特に、会社の中でマネジメント層にいらっしゃって、ITに少し苦手意識がある方には、是非一度受講して欲しいと思いながら作りました。マネジメントの方のITリテラシーが高いだけで、その部署やその下で働くスタッフ達の効率性は格段に変わってくると思います。

商社員時代、社内起業制度の選考でマネジメントの方がITの仕組みが『よく分からん』という理由で案件がボツになった経験があり、それが直接的な退職の意思決定に繋がった経緯もあります。

もちろん今後、自分でサービスを作りたい自分で作った商品をPR・販売していきたい自分の勤める部署で新規事業の立ち上げが必要、そんな方は一度この講座を履修しておくと、プロジェクトの進捗に雲泥の差が出ると思います。

私が商社から独立して、現場で学んだノウハウを詰め込んていますので、是非ご受講してみていただけると嬉しいです。

そして、二つ目の講座が『ムービードリブン』になります。

ムービードリブン

こちらは、動画編集スキルを学べる講座となっています。

動画編集歴15年の敏腕動画編集マンに講師を勤めてもらいました。

今やYouTubeなどの動画媒体での発信は、個人でも企業でも必須になっています。これからもその傾向は益々強くなる一方でしょう。

元いた会社の同期たちもYouTubeチャンネルを開設し始めましたし、ホワイトカラーの方々も続々と動画業界に参入し始めています。

そんな、動画配信を始めたい動画配信を始めたけど編集を独学でやっている、そんな方々に向けた動画を編集するスキルが学べる講座になっています。

また、現在YouTubeアカウントが急増している中で、動画編集を副業で請け負う人が増えてきました。今まさに動画編集市場は急拡大中で、動画編集の外注需要に供給が追いついていない状態になっています。

本業に従事しながら、副収入を得る手段としても動画編集スキルを取得するのは、人生の選択肢を広げる上でとても合理的な意思決定だと思います。

是非この機会に動画編集スキルを獲得されてはいかがでしょうか?

裏テーマ 〜教科書の刷新〜

今回リリースしたホワイトカラードリブンには、裏のテーマを設定しています。

それが『教科書の刷新』です。

YouTubeが流行したことによって個別的・分断的な知識やスキルへのアクセスのし易さが飛躍的に向上しました。

一方で、体系的で深い知識にアクセスする機会があまり無いなと思い、教科書レベルの体系だった知識を、今の時代だからこそできる動画という形で揃えることは出来ないかと思ったのがこのサービスを立ち上げたきっかけでした。

江戸時代、有名な『寺子屋』という教育システムでは、マンツーマン指導が一般的で、それを支えたのが『往来物(おうらいもの)』と呼ばれる教科書でした。

その教科書の種類は、一説には7,000〜2万種類もあったと言われています。

もちろん、そのクオリティーはピンキリだったと思います。一方で、『数の力』があることも事実です。

このサービスを育てていくことによって、体系だった深い知識に、より簡単にアクセスできるようになれば素晴らしいことだなと思いますし、深い知識を持った個々人がよりアウトプットをしやすくするような文化を形成できれば素敵だなと思っています。

今後の活動

もし、こんな講座が欲しいというご意見があれば、教えて頂けると大変助かります。

また、こんな魅力的な人がいるよ、という方も是非教えてください。

私が突撃して、動画講座を一緒に作ってくれないか交渉してきます。

引き続き『ホワイトカラードリブン』をよろしくお願いします。

本日はこの辺で。

オフィス移転しました。

エンドルフィンズオフィス移転写真

オフィスを入谷に移転しました。

お近くにお越しの際はぜひ遊びに来てください!

 

東京都台東区下谷1-11-15 2F reboot内

 

東京メトロ日比谷線「入谷駅」1番・2番出口から徒歩1分
JR山手線「鶯谷駅」南口から徒歩6分、「上野駅」入谷口から徒歩12分