web3.0_game_thumbnail

Web3.0のゲームで稼ぐことについて少し考えてみた

皆さんこんにちは。エンドルフィンズのイトマンです!

今年になってweb3.0の領域に興味を持ち始めて色々と調べていますが、その中で興味のある「ゲーム」に関して調べた際に思ったことなど含めてつらつらと書き連ねていきたいと思います。

大したことは書いていないですが、「ゲームで稼ぎたい」と考えている人向けに執筆しています。

目次

ゲームで稼ぐとは?

自分は昔から趣味でゲームをかなりしているオタクですが、あくまで趣味であり、時間的にも金銭的にも消費するイメージがあるのがゲームだと認識しています。

元々、ネットゲームやスマホアプリなどの各種ゲームではRMT(リアル・マネー・トレード)は禁止されており(アングラで取引している人はいるかもしれませんが)、ゲームをすることでお金を稼ぐという発想がそもそもベースとして存在していなかったと思います。

ただ、最近ではe-sportsなども発展してきているため、一部のプロ選手や大会優勝者であれば金銭的に稼いでいる人もいると思いますが、数としてはやはり多くないのが現状です。

そんな中でweb3.0において、ゲームをすることで稼ぐことができる(Play To Earn)サービスが色々と出始めました。

探せばいくつかのゲームが引っかかりますので、興味がある方は各自で調べてみてください。

なお、現時点では「先行者が有利」、もしくは「投機(投資)」的な側面が強いと個人的には感じており、誰もが気軽に参加できる一般的な「ゲーム」要素は少ない印象を受けています。

例えば、「Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)」では、戦闘の勝敗によって獲得量が変化するため、時間をかけて戦略的に育成している人が稼ぐことができる仕組みになっています(もちろん、他にも稼ぐ要素はあります)。

これ自体、かけた時間やリソースに対して収入が多くなる利点があるので問題ないとは思いますが、一方で新規参入者は高い初期費用を払っても勝てない状況になるため、ある程度の規模になると新規参入者が増えにくい構造の1つとなっています。

実際、自分としても今更参加してもな・・・と言う気持ちが高く、ゲーム自体を開始しませんでした。

Axieでは先に始めた人からキャラクターをレンタルする仕組みもあるため、新規参入者が全く始められないような状況ではないようですが、これ自体は公式で提供されているサービスではなく、あくまでユーザー間で生まれた独自の文化によるもののため、ある程度のリスクが存在します。

また、Web3.0問わずにゲームはアクティブユーザーの数で人気・評価が決まる部分もありますので、長くゲームを続けられるかどうかは未知数な部分があり、これもリスクの要因になります。
人気を見極めてから始めるとリスクを抑えられる一方で先行者利点が少なくなりますので、どちらを重視するかの判断が大切ですね。

あと、Axieではモンスター自体もNFTとして売買されていますので、強いキャラクターを購入して稼ぐ方法や、強く育てたキャラクターを2次流通させて稼ぐ方法もありますが、いずれにしてもある程度の予算を持った上でゲーム自体の仕組みを理解しておく必要がありますので、ハードルは高い印象です。

総じて、個人的な考えになりますがWeb3.0の「ゲーム」で「稼ぐ」ことを主眼に入れるのであれば、しばらくの間は

・新規リリースされるゲーム、もしくは始まって間もないゲームにベットし、長くゲームが続いてくれることを祈りながら先行者利点を狙う

・投機要素を覚悟し、獲得できる仮想通貨が値崩れしない(値上がりする)ことを祈る

という2つのギャンブル?要素を勝ち抜くことができなければ、短期間でそれなりに稼ぐことができないのかなと考えています(小金を稼ぐなら既に人気のゲームにベットでも問題ないかと)。

個人的なことになりますが、初期投資を回収できる気がしなくて参加を見送ったSTEPNが人気を集めており、先見の明がありませんでした(笑)

自分の性格上、短期間での投機目的としたゲームをやりたくない気持ちがあるため、もう一度同じ状況になったとしてもSTEPNにベットするかは怪しいですが・・・

自分自身がランニングに対してもっと興味があれば、値下がりしてもいいやと参加していたと思いますが、如何せん走ることが嫌いなもので。。。

今回STEPNは見送りましたが、結局はがっつりゲームをする時間自体が取れないので、STEPNのような「〇〇 To Earn(〇〇しながら稼ぐ)」といったコンセプトのサービスしか続けられないんだろうなとも感じています。

ゲームをする時間が取れるのであれば、これからスタートする「Illuvium(イルビウム)」にベットしたい気持ちがすごく高いです。

稼げるかもしれないという視点もありますが、普通にポケモンみたいな感じが面白そうで、この面白そうが結局は今後のweb3.0のゲームで大事になるのではないかなと感じています。

まとめ

思いつくままに書いたため、最後にまとめておくと

・Web3.0の「ゲーム」でそれなりの金額を「稼ぐ」ことを主軸に置くなら、多少のリスクを覚悟でリリース間もないゲームにベットし、人気が出ることをお祈りするのがリターン的に良さそう

・ゲームをする時間がないなら「〇〇 To Earn(〇〇しながら稼ぐ)」の〇〇をPlay(ゲーム)以外の要素で検討する

・現在は金銭的なインセンティブによる人気が強いが、「面白い」などの当たり前の要素によるゲームが今後は伸びる(と信じている)

といったことを言いたかっただけです。

以上!!

関連記事
趣味
azu
ルール?

コロナも大分落ち着いてきた為、趣味の美術館・ギャラリー巡りを再開することに。そこで久々に21_21 DESIGN SIGHTへ。 開催されていたのは「ルール?展」というもので、エンドルフィンズの組織運営システムであるホラ

2021振り返りと2022の目標のサムネイル
自己紹介
イトマン
2021年の振り返りと2022年上半期の目標

皆さんこんにちは。エンドルフィンズのイトマンです! 2021年も残りわずかとなり、今年もあっという間に過ぎ去った1年だったような気がします。 今年は特に自分にとって変化の年でもありましたので、いくつかの出来事を振り返った

Webサイト運用・成長フォローアップをする男性の写真
考察
randif
多様性を、生物学的・物理学的に理解する

どうも、人と循環を科学するカタリスト、ランディフです。 昨日は都内を10~20kmくらい歩きながら、とあるPodcastを聞いていている中でめちゃくちゃ興味深い事象を知り、非常に示唆深いなと感じたのでシェアします。 聞い

個人の自信と組織運営システムの関係
日報
田上 和佳
個人の自信と組織運営システムの関係

こんにちは、エンドルフィンズ代表の田上です。 本日の日報です。 2021年8月17日 どんなことでワクワクしたか 今日は、午前中にTwitterへの投稿内容を考えるため、昨日の日報でも言及した『BRAIN DRIVEN』

Scroll to Top